トヨタの米ケンタッキー工場、新ライン設置工事の起工式…レクサス初の現地生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
新型レクサスES350(ニューヨークモーターショー12)
新型レクサスES350(ニューヨークモーターショー12) 全 5 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国生産子会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)は1月8日、米国ケンタッキー工場において、新ラインの設置工事を開始した。

今回の同工場への新ラインの設置は、米国初のレクサス車の現地生産に向けた動き。トヨタは2013年4月、トヨタ自動車九州で組み立てている北米向けレクサス『ES』のうち、「ES350」グレードの生産を、2015年秋から米国に移管すると発表。

TMMKは当初、レクサスES350を年間約5万台生産する計画。北米以外の市場向けのES350と「ES250」、ハイブリッドの「ES300h」に関しては、引き続きトヨタ自動車九州で生産する。生産移管は、北米向けのES350のスピーディな納車体制を確立するのが狙い。

1月8日、TMMKでは、新ラインの設置工事の起工式を実施。レクサスESは、米国のレクサスブランドの最量販車。2013年は、前年比およそ30%増の7万2581台を販売した。

ケンタッキー工場のウイル・ジェームス工場長は、「我々は長期に渡り、世界基準の車を組み立ててきた。ケンタッキー工場の製品にレクサス車が加わることで、再びその基準を引き上げることになるだろう」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ノア(2018年)
  • レクサス ES の2021年モデル(米国仕様)
  • レクサス ES300h バージョンL(アイスエクリュマイカメタリック)
  • レクサス ES300h バージョンL(アイスエクリュマイカメタリック)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV