【デトロイトモーターショー14】ヒュンダイ ジェネシス セダン 新型…グーグルグラスと連携

自動車 テクノロジー ネット
新型 ヒュンダイ ジェネシスセダン(デトロイトモーターショー14)
新型 ヒュンダイ ジェネシスセダン(デトロイトモーターショー14) 全 6 枚 拡大写真
1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14。韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)が初公開した新型『ジェネシス セダン』では、「Google Glass(グーグルグラス)」との連携がアピールされた。

グーグルグラスは、Google(グーグル) が開発した次世代のメガネ型情報端末。メガネのレンズ部分がディスプレイになっており、さまざまな情報が表示できる。スマートフォンやタブレット型端末に代わる次世代の情報端末となるか、注目を集めている。

そんな中、ヒュンダイは早くも新型ジェネシス セダンで、グーグルグラスとの連携を発表。ヒュンダイの車載コネクティビティ、「Blue Link」のアプリケーションを通じて、グーグルグラスなどのメガネ型情報端末との連携を可能にした。

ただし米国では、グーグルグラスを着用して運転していたドライバーが、警察に反則切符を切られる事態も起きている。そこでヒュンダイは、グーグルグラスとの連携について、運転中ではなく、車を降りての使用シーンを想定。

例えば、グーグルグラスのディスプレイに、車両のキーを遠隔操作でロックした場合、無事にロックが完了したことを知らせたり、定期メンテナンスの時期をうっかり忘れないよう、知らせたりすることができるという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジェネシス G80 スクープ写真
  • ジェネシスG80
  • ジェネシスG80
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV