ポルシェ、新型SUV マカンの生産を2月より開始...5億ユーロ投資し独ライプツィヒ工場を拡張

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ・独ライプツィヒ工場
ポルシェ・独ライプツィヒ工場 全 2 枚 拡大写真
ポルシェAGは、独ライプツィヒ工場において、新型SUV『マカン』の生産を2月11日より開始すると発表した。

マカン生産開始のオープニングセレモニーには、ドイツの連邦副首相で経済・エネルギー大臣を兼任するシグマール・ガブリエル氏、ザクセン州首相のスタニスラフ・ルディ・ティリッヒ氏らが臨席。フォルクスワーゲン・グループからは、監査役会長のフェルディナンド・ピエヒ氏、取締役会会長のマルティン・ヴィンターコルン氏らが出席する。

ポルシェは、5億ユーロ(約686億円)を超える資金と2年近い工期をかけてライプツィヒの拠点を拡張。それまでの組立工場からボディ工場とペイントショップを備えた総合工場へと生まれ変わった。なお、マカンの生産開始に伴い、ライプツィヒ工場だけで、ロジスティック、ボディ製造、塗装、組み立てを中心に1500人ほどの新規雇用が確保される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV