【三菱 eKスペース 発売】サイドのショルダーラインで広々感を表現

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・eKスペースカスタム
三菱・eKスペースカスタム 全 8 枚 拡大写真
三菱から発売された『eKスペース』のサイドウインドウ下のショルダーラインは、室内の広々感を感じさせるようにデザインされているという。

そう話すのは、三菱デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の吉田充宏さん。

具体的には、「(シートに座った時に)人間の視界の中に入ってくるベルトラインの高さを下げ、ルーミーな感じを演出。ただし、後席はヒップポイントが高いので、例えば、子供がチャイルドシートに座った時の視界確保と共に、守られ感、プロテクト感を与えるように、キックアップさせた」という。

吉田さんは、「工具のスパナのようなカチッとした雰囲気が三菱のデザインにはあるので、日産のシュプールライン(日産『セレナ』などに採用されているサイドのショルダーライン)とうまく融合が出来たと思う」と述べる。

このショルダーラインは、リアでキックアップした後、リアのピラーを通り、テールゲートに回り込む。そこでまた下がっている。「これは後方視界の確保が目的のひとつだ。キックアップしたままの高さでリアゲートのウインドウをデザインすると、下方視界が悪くなる」と吉田さん。また、「ボディを立体的に表現したいということもあり、一度下がって、上がって、また下がるとリズムのような感じを表現したかった」という。

吉田さんは、「クルマの背が高いので、テールゲートは、通常のデザインではバンのようになりがちなので、サイドビューと同じように抑揚をつけて、見た目の上質感とどっしりとした力強さを表現している」と語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV