村上開明堂、メキシコに自動車用バックミラー製造・販売子会社を設立

自動車 ビジネス 海外マーケット
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
村上開明堂は2月18日、メキシコに自動車用バックミラー製造・販売の子会社を設立すると発表した。

メキシコは世界第2位の自動車市場である米国の隣国で、今後も自動車市場の成長が見込まれる中南米への輸出拠点としても期待されている。また豊富な労働力も有しており、日系カーメーカーもメキシコでの現地生産を拡大している。

同社は、拡大が期待されるメキシコ自動車市場への対応、および北米地域における競争力向上を図るため、新生産拠点を設立する。

投資金額は20億ペソ(約15億4000万円)で、2016年に生産を開始する予定。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒーテッドウォッシャー使用イメージ(使用前/左)
  • アウターにミラーを置かない「ミラーレスシステム」
  • 電子ミラーシステム
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ