【ジュネーブモーターショー14】リンスピードの自動運転EV、XチェンジE…テスラ モデルS ベースと判明

エコカー EV
リンスピード XチェンジE
リンスピード XチェンジE 全 10 枚 拡大写真
スイスのリンスピード社は3月4日(日本時間3月4日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー14において、コンセプトカーの『XチェンジE』を初公開する。

リンスピードは、フランク・M. リンダークネヒト氏が1977年、スイスに設立したエンジニアリング会社。主にドイツ車のチューニングを手がけてきた。毎年ジュネーブモーターショーに斬新なコンセプトカーを出品し、存在感をアピールすることでも知られる。

リンスピードは2013年12月、XチェンジEを予告。今回、ジュネーブモーターショー14の開幕を控え、その正体について、「テスラモーターズのEV、『モデルS』がベース」と公表した。

XチェンジEは、自動運転車(ロボットカー)を提案したコンセプトカー。ただし、早期の実用化を狙って開発を進める大手自動車メーカーとは、目指す方向が異なっている。

リンスピードが掲げるコンセプトは、「ビジネスクラス」。4ドアセダンでありながら、前席は回転対座シートとなっており、自動運転中、後席の乗員と会話やお茶を楽しめる。また、前席乗員は走行中、シートを倒して睡眠を取ることも可能。航空機のビジネスクラスのように、「全ての乗員に快適な移動空間を」、というコンセプトを掲げた。

また、ステアリングホイールは通常、ダッシュボード中央にあるが、運転席側へ移動できる。「ハーマン」が手がけた車載インフォテインメントシステムは、ダッシュボード全体を覆う幅1200mmのワイドモニターが特徴。簡単なジェスチャーによる操作を可能にしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ