JR西日本、大阪環状線3駅に発車メロディー導入

鉄道 企業動向
京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。
京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。 全 1 枚 拡大写真
JR西日本は3月7日、大阪環状線の森ノ宮・京橋・西九条3駅に発車メロディーを導入すると発表した。同社が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。3月15日の初列車から導入する。

森ノ宮駅の発車メロディーは駅名の「森」にちなみ、「森のくまさん」を採用。西九条駅は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向かう桜島線(JRゆめ咲線)の分岐点であることから、伝統的な米国の行進曲「アメリカン・パトロール」を採用する。

京橋駅は「大阪うまいもんの歌」(「ゆかいな牧場」の替え歌)に。「京橋駅とその周辺の『旨い』と『にぎやかさ』をイメージできる」(JR西日本)として採用する。

いずれも大阪環状線の現在の発車予告の前にメロディーを付ける。京橋駅のJR東西線・片町線(学研都市線)と西九条駅のJRゆめ咲線では導入しない。JR西日本は「駅ごとに異なるメロディを採用することで、お客様や地域の皆様に愛着を感じていただけるようになれば」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AN8900形8905号を改修する新しい観光列車の車体イメージ。
  • 高崎車両センターに配置されている旧型客車の1両・スハフ32 2357。7両のうち、唯一の戦前生まれ。
  • CBTCが導入される都営大江戸線用の12-600形電車。
  • 千葉県内のJR線では唯一、運行見合せが続いている久留里線。写真は上総亀山駅。
  • 市原市の五井駅を起点とする小湊鐵道(右)と、いすみ市の大原駅を起点とするいすみ鉄道(左)が接続する上総中野駅。同駅には4日連続で列車が来ていない。いすみ鉄道の黄色い車両は、現在は運行されていない「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • いよいよ量産車の投入が始まるJR北海道のH100形気動車。2020年春には「山線」と呼ばれる函館本線小樽~長万部間に最初に投入され、キハ40形やキハ150形を置き換える。写真は試験中の量産先行車。
  • 安全確保のため、作業手順の打合せを行う保守点検作業員。写真は西武鉄道の現場。
  • 上総中野駅で接するいすみ鉄道とともに、3日連続で運行見合せが続いている小湊鐵道。9月10日からは代行バスの運行が始まっている。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/03/08/218718.html/article/2014/03/08/218717.html/article/2014/03/08/218719.html