JR西日本、大阪環状線3駅に発車メロディー導入

鉄道 企業動向
京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。
京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。 全 1 枚 拡大写真
JR西日本は3月7日、大阪環状線の森ノ宮・京橋・西九条3駅に発車メロディーを導入すると発表した。同社が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。3月15日の初列車から導入する。

森ノ宮駅の発車メロディーは駅名の「森」にちなみ、「森のくまさん」を採用。西九条駅は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向かう桜島線(JRゆめ咲線)の分岐点であることから、伝統的な米国の行進曲「アメリカン・パトロール」を採用する。

京橋駅は「大阪うまいもんの歌」(「ゆかいな牧場」の替え歌)に。「京橋駅とその周辺の『旨い』と『にぎやかさ』をイメージできる」(JR西日本)として採用する。

いずれも大阪環状線の現在の発車予告の前にメロディーを付ける。京橋駅のJR東西線・片町線(学研都市線)と西九条駅のJRゆめ咲線では導入しない。JR西日本は「駅ごとに異なるメロディを採用することで、お客様や地域の皆様に愛着を感じていただけるようになれば」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 五十崎~喜多山間の斜面崩落現場。7月15日16時時点。
  • キハ261系5000番台の第一陣「はまなす編成」は5両編成。
  • 犀川~油須原間の7月18日再開を予定している平成筑豊鉄道田川線。
  • 赤い1000形のイメージ。小田原方の一般色車6両と混結になるため、赤い1000形が先頭になるのは新宿行きの上りとなる。
  • 鹿児島本線と久大本線の被災状況。
  • 「ウィング・シート」サービスを行なっている京急の2ドア・クロスシート車2100形。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。

ピックアップ