航空自衛隊の緊急発進、24年ぶりに800回超、対中国機・対ロシア機が急増…2013年度

船舶 行政
緊急発進の年度別推移
緊急発進の年度別推移 全 1 枚 拡大写真
統合幕僚監部が発表した2013年度(2013年4月~2014年3月)の航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)回数が、前年度と比べ243回増となる810回となった。

800回超は、24年ぶり。これは1958年に航空自衛隊が対領空侵犯措置を開始して以来、56年間で9番目に多い水準。

推定を含む緊急発進回数の対象国・地域別の割合は、中国機が約51%、ロシア機が約44%、北朝鮮機などその他が約5%だった。

方面別では北部航空方面隊が222回、中部航空方面隊が86回、西部航空方面隊が100回、南西航空混成団が402回だった。全航空方面隊が前年を上回った。

中国機に対する緊急発進回数が合計415回で、前年度から109回増えた。領空侵犯は無かったものの、Y-8型機、H-6型機、TU-154型機の飛行などで、活動範囲が拡大している。

ロシア機に対する緊急発進は359回で前年度から111回増えた。TU-95型機が福岡県沖ノ島北西の領空を侵犯した。

推定を含め、ロシア機は哨戒機、中国機は戦闘機に対して、緊急発進が多かった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市川パーキングエリア(イメージ)
  • SUPER GT 最終戦、F-2戦闘機の歓迎フライト
  • F2-B戦闘機
  • 防衛省の浄水車
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ