ロッキード・マーチン、F-35が累計1万5000飛行時間を達成

航空 企業動向
テスト飛行を行うF-35A
テスト飛行を行うF-35A 全 1 枚 拡大写真
ロッキード・マーチンは4月15日、『F-35ライトニングII』が合計1万5000飛行時間を越えたことを発表した。

アメリカ海兵隊は2015年にF-35の初期運用機能(IOC)の宣言を予定し、米空軍と米海軍はそれぞれ2016年と2018年にIOCを宣言する予定である。

《河村兵衛》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ