日産、米工場で500名増員…ムラーノ 新型の生産準備

自動車 ビジネス 企業動向
新型日産 ムラーノ
新型日産 ムラーノ 全 4 枚 拡大写真
日産自動車は5月29日、米国ミシシッピ州キャントン工場の従業員を500名増やすと発表した。

今回の増員は、2015年モデルとして、キャントン工場で今秋から組み立てを開始する新型『ムラーノ』の生産に備えるのが目的。

また新型は、歴代ムラーノとしては初めて、米国で生産される。キャントン工場は新型ムラーノの世界唯一の生産拠点となり、世界100以上の市場に出荷される予定。

キャントン工場にとっては、新型ムラーノが8車種目の生産モデル。新型は、『エクステラ』、『フロンティア』、『タイタン』、『アルマーダ』など、日産のSUV&ピックアップトラックと同じ製造ラインで組み立てられる。

日産ノースアメリカのジョン・マーティン上級副社長は、「ムラーノがキャントン工場の生産車種に加わることで、米国で販売する85%の車種を、北米で現地生産するという目標の達成に近づく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産フェアレディZ次期型プロトタイプ
  • NISSAN PAVILION ENNICHI(イメージ)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • 日産フェアレディZ次期型プロトタイプ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ