フォードのSUV、米国でリコール74万台…パワーステアリングに不具合

自動車 テクノロジー 安全
先代フォード・エスケープ
先代フォード・エスケープ 全 2 枚 拡大写真
米国の自動車大手、フォードモーター。同社が米国市場において、74万台のリコールを届け出た。

これは6月5日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「フォードモーターから提出された先代フォード『エスケープ』と、マーキュリー『マリナー』に関するリコールの届け出を受理した」と公表している。

今回のリコールは、電動パワーステアリングの不具合が原因。NHTSAによると、エスケープとマリナーの電動パワーステアリングのトルクセンサーが正しく作動せず、パワーアシストが得られない可能性があるという。

リコールの対象になるのは、2008‐2011年モデルの先代エスケープと、その兄弟車のマリナー。2006年8月中旬から、2010年9月上旬にかけて生産され、米国で販売された74万0878台が、リコールに該当する。

フォードモーターでは、対象車を所有する顧客に連絡。対策部品が用意できる7月下旬から、パワーステアリング制御モジュールのソフトウェアのアップデートを行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォードモーターの新型コロナウイルスを殺菌できるソフトの開発テスト
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • フォードモーターのシカゴ工場
  • フォード・マスタング
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ノビテック マクラーレン セナ チューニングカー
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ