JRの「青春18きっぷ」、消費税率改定で値上げ

鉄道 企業動向
JRの普通列車用全線フリー切符「青春18きっぷ」は消費税率の改定により今夏発売分から350円の値上げだが、切符の効力は従来通り。写真は釜石線の普通列車。
JRの普通列車用全線フリー切符「青春18きっぷ」は消費税率の改定により今夏発売分から350円の値上げだが、切符の効力は従来通り。写真は釜石線の普通列車。 全 2 枚 拡大写真
JR旅客6社は6月17日、春・夏・冬休み向けに発売しているJR全線の普通列車用フリー切符「青春18きっぷ」について、7月利用開始分(夏季用)と12月利用開始分(冬季用)の概要を発表した。切符の効力は従来通りだが、消費税率の改定により値上げとなる。

利用可能期間は夏季用が7月20日~9月10日、冬季用が12月10日~2015年1月10日。1日乗り降り自由を1回として5回分がセットになっており、1人で5日間利用したり、5人が同一行程で1日だけ利用するなどといった使い方ができる。

利用できる交通機関はJR全線の普通・快速列車の普通車自由席と、JR東日本のバス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリー。青い森鉄道線の青森~八戸間・青森~野辺地間・八戸~野辺地間も、普通・快速列車で通過利用する場合に限り利用できる。

新幹線を含む特急・急行列車やグリーン車などは原則として利用できないが、普通列車の普通車指定席やグリーン車自由席などは、指定席券やグリーン券などを別途購入すれば利用できる。また、奥羽本線青森~新青森間と津軽海峡線木古内~蟹田間、石勝線新得~新夕張間は、各区間内を相互に発着する場合に限り、特急・急行列車の普通車自由席を利用できる。宮崎空港線も宮崎~宮崎空港間に限り特急列車の普通車自由席が利用できる。

発売期間は夏季用が7月1日~8月31日、冬季用が12月1~31日。発売額は1万1850円で、4月1日の消費税率改定により350円の値上げとなった。1回分あたりでは70円値上げの2370円になる。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV