シーサイドラインの発車メロディーは「言葉にできない」…7月から

鉄道 企業動向
開業からまもなく25周年を迎えるシーサイドライン。7月から発車ベル・接近チャイムを「言葉にできない」などのメロディー音に変更する。
開業からまもなく25周年を迎えるシーサイドライン。7月から発車ベル・接近チャイムを「言葉にできない」などのメロディー音に変更する。 全 2 枚 拡大写真
金沢シーサイドラインを運営する横浜シーサイドラインは6月23日、全14駅で列車の発車ベルと接近チャイムをメロディー音に変更すると発表した。

シーサイドラインは新杉田(横浜市磯子区)~金沢八景(金沢区)間10.6kmを結ぶ新交通システムで1989年7月5日に開業。今年7月5日の開業25周年を記念し、7月1日の初発から発車ベルと接近チャイムをメロディー音に変更することにした。

メロディー音は沿線住民や利用者がシーサイドライン(Seaside Line)に親しみをもってもらえるよう、海(sea)にちなんで井上武士さんの童謡「うみ」と文部省唱歌の「海」「我は海の子」を採用。さらに金沢区出身で元「オフコース」の小田和正さんの「たしかなこと」「言葉にできない」も採用し、各駅のホームごとに5曲を使い分ける。新杉田駅は1番線が「うみ」、2番線が「我は海の子」で、八景島駅は1番線が「たしかなこと」、2番線が「言葉にできない」になる。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。
  • 9月21日に全線が再開する小湊鐵道。
  • 京成スカイライナー
  • 阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系。6月8日までに両線の全列車を置き換えた。
  • ひたちなか海浜鉄道のキハ11形。
  • 2011年から駅改良工事や品川~田町間新駅(高輪ゲートウェイ駅)設置に向けた工事が進められている品川駅。写真は2013年の様子。
  • 月崎駅に入る小湊鐵道の下り列車。同駅から上総大久保駅にかけては、送電線や通信線が断線しているという。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/06/24/226088.html/article/2014/06/24/226087.html/article/2014/06/24/226089.html