【グッドウッド14】アストンマーティン DP-100 ビジョン・グランツーリスモ 発表…800psのGTレーサー

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーチン DP-100 ビジョン・グランツーリスモ
アストンマーチン DP-100 ビジョン・グランツーリスモ 全 9 枚 拡大写真
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは6月27日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」において、バーチャル(仮想空間の)レーシングカー、『DP-100ビジョン・グランツーリスモ』を初公開した。

同車は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが2013年12月に発売した「プレイステーション3」用ゲームソフト、『グランツーリスモ6』のコラボプロジェクト、「ビジョン・グランツーリスモ」の一環として開発された1台。

『グランツーリスモ6』のハイライトのひとつが、コラボレーションプロジェクト、「ビジョン・グランツーリスモ」。これは、世界的な自動車メーカーやブランドが、グランツーリスモのために車をデザインするという企画。

DP-100ビジョン・グランツーリスモは、アストンマーティンのデザイン部門とエンジニアリング部門が、6か月の期間をかけて完成。ミッドシップレイアウトのGTレーシングカーという想定だ。アストンマーティンの市販スポーツカーのデザインモチーフを生かしながら、非常にアグレッシブなフォルムに仕上げられた。

搭載エンジンは、V型12気筒ガソリン。最大出力は800psレベルを引き出す。なお、グランツーリスモ6のユーザーは2014年7月から、DP-100ビジョン・グランツーリスモをダウンロードできる。

《森脇稔》

ピックアップ