ひたちなか海浜鉄道の延伸案を「検討」…ローカル鉄道大学サマースクール

鉄道 企業動向
「ローカル鉄道・地域づくり大学」は8月にサマースクールを実施。ひたちなか海浜鉄道の延伸構想を調査・議論する。
「ローカル鉄道・地域づくり大学」は8月にサマースクールを実施。ひたちなか海浜鉄道の延伸構想を調査・議論する。 全 4 枚 拡大写真
ひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)の吉田千秋社長が代表理事を務める「ローカル鉄道・地域づくり大学」は8月、本年度のサマースクールを実施する。

第1回は8月23~24日、第2回は8月30~31日に行われる。いずれもひたちなか海浜鉄道が運営している湊線の延伸構想の予定地を実地調査し、延伸案を検討するワークショップを実施。このほか、由利高原鉄道(秋田県)と熊本電気鉄道(熊本県)のケーススタディを行う。

また、第1回は「鉄道経営を夢見る人へ」と題し、吉田代表による体験談と経営基礎知識を学ぶ。第2回は車両の構造や整備、鉄道写真の講座が行われる。

参加費は各回2万9000円。ひたちなか海浜鉄道のフリー切符と宿泊費、懇親会・食費込となっている。申込みはローカル鉄道・地域づくり大学のウェブサイトで受け付ける。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV