フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札

自動車 ビジネス 海外マーケット
フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札 全 5 枚 拡大写真
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。同社のクラシックカーが、日本円で18億円を超える価格で落札された。

これは6月27日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」での出来事。「ボナムズ」主催のオークションに、1954年式フェラーリ『375-Plus』が出品されている。

フェラーリ375-Plusは、標準仕様のフェラーリ『375』に対して、パワフルなエンジンを搭載。排気量を4.5リットルから4.9リットルへ拡大したV型12気筒ガソリンユニットは、最大出力330psを引き出した。

ピニンファリーナが設計したアルミ製ボディは、バルケッタスタイル。わずか5台が生産されただけで、今回、オークションに出品された1台は、シャシーナンバー「0384」。1954年のルマン24時間耐久レースや、ミッレ・ミリアに参戦した1台。

クラシックフェラーリの中でも、とくに希少価値の高いとされる同車の価格は、瞬く間に上昇。最終的に2人が競い合った結果、1070万ポンド(約18億7400万円)で落札されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリの新作短編映画『ル・グラン・ランデヴー』の撮影の様子
  • フェラーリのシミュレーション技術による車両開発
  • フェラーリ・ジャパン代表取締役のフェデリコ・パストレッリ氏
  • フェラーリ SF90 ストラダーレ を起用した短編映画『ル・グラン・ランデヴー』の撮影の様子
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ