独シェフラー社、EVラリーでトランスミッションによる航続距離延長を実証

エコカー EV
シェフラーSTEP2
シェフラーSTEP2 全 2 枚 拡大写真
独シェフラー社は、7月3日から5日までオーストリア・モンタフォンで開催された「第5回ジルブレッタ電気自動車ラリー」にコンセプトカー『シェフラーSTEP2』で参戦した。

ジルブレッタ電気自動車ラリーは「auto, motor und sport」誌によって開催され、モンタフォンからフォアアールベルクまでの公道において、速度ではなく効率を競う。

シェフラーSTEP2は、量産小型車をベースに、電気モーターと2速パワーシフトトランスミッションを搭載した電気自動車。システム出力は最大70kW(ピーク時)で連続運転では50kW。事前のシミュレーションやテストドライブでは、ギアが1基のみの自動車と比較して、約6%のエネルギー消費低減を実現しており、今回のラリー参戦は、その実証を目的としている。

シェフラーチームは、3つのアルペンステージでの運転で、電気自動車分野では、トランスミッションの使用によって、電力・電圧・電流のさらなる効率化が可能であることを実証。オートモーティブ部門の研究開発担当バイスプレジデント、ウーヴェ・ヴァーグナー氏は、「2速ギアシフトシステムと大きな牽引力を生むローレシオ、高速時を含め、優れた全効率を実現するハイレシオにより、ダイナミクスを高めると同時に、電気運転の走行可能距離を延ばすことができた」と述べている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シェフラー、独モビリティ賞受賞のモビリティコンセプト「シェフラームーバー」の最新バージョンを展示…東京モーターショー2019
  • シェフラーブース(フランクフルトモーターショー2019)
  • シェフラー・ムーバーの最新バージョン
  • シェフラー(人とクルマのテクノロジー2019)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ