トヨタ の北米向けミニバン、シエナ に2015年型…表情変化

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ シエナ の2015年型モデル
トヨタ シエナ の2015年型モデル 全 10 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は7月17日、2015年モデルの『シエナ』を発表した。

シエナは主に、北米市場で販売されているミニバン。現行シエナは3世代目モデルで2009年秋、ロサンゼルスモーターショー09で発表された。すでに、デビューから5年が経過。

シエナは『カムリ』のプラットフォームをベースに開発。駆動方式は、FFが基本。ボディサイズは、全長5085×全幅1986×全高1750mm、ホイールベース3030mmの堂々サイズで、日本向けの『アルファード』よりも、ひと回り大きい。

室内は、2列目シートがキャプテンかベンチかの違いで、7名乗りと8名乗りを設定。搭載エンジンはガソリンのみで、3.5リットルV型6気筒(最大出力266ps)と2.7リットル直列4気筒(最大出力187ps)の2ユニットを設定する。

7月17日、米国トヨタ販売はシエナの2015年モデルを発表。デビュー5年を経て、外観を中心にイメージチェンジ。グリルやヘッドライトのデザインを変更し、新鮮さを醸し出す。リアでは、テールランプが新デザインに改められた。

室内は、ダッシュボードのデザインを変更。オプションで、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを設定する。後席の子どもの様子を、ドライバーが振り向かずに確認できる「カンバセーションミラー」も、オプションで用意されている。

《森脇稔》

ピックアップ