【ダイハツ ミラココア 改良新型】堀井専務「燃費だけの追求はしない」

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツ ミラココア
ダイハツ ミラココア 全 4 枚 拡大写真
ダイハツ工業の営業本部長である堀井仁専務執行役員は、軽自動車の燃費性能について「必要以上の費用をかけて追求するのではなく、むしろ安全や装備の充実にもソースを向けたい」との考えを表明した。

8月26日に東京で開いた『ミラココア』の発表会で記者団に語った。堀井専務は「省資源、省エネという軽自動車の本分をわきまえながらも、燃費だけでなく総合性能を求めるべき」と指摘、過熱気味の燃費性能競争には距離を置く姿勢を示した。

軽自動車の燃費では、スズキが25日に簡易型ハイブリッドシステムを採用した『ワゴンR』で32.4km/リットルと、ワゴンタイプでは最高を達成している。

軽自動車全体ではダイハツの『ミライース』が7月に35.2km/リットルと、業界最高性能を更新している。堀井専務は、「高みを目指す改良は続けるが、当面はこのレベルで(顧客には)十分満足いただけるのではないかと考えている」と評価、燃費偏重への疑問を呈した。

《池原照雄》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ