ミツバサンコーワ、独立インジケーターを追加した二輪車用ETC車載器を発売

モーターサイクル 企業動向
ミツバサンコーワ・MSC-BE51
ミツバサンコーワ・MSC-BE51 全 1 枚 拡大写真
ミツバサンコーワは、2014年2月に発売した二輪車用ETC車載器「MSC-BE51」に独立インジケーターを追加した新モデル「MSC-BE51W」を10月1日に発売すると発表した。

新製品はアンテナとインジケーターが独立した仕様で、アンテナ部が乗車位置から見難い場所に取り付けられる。

二輪車用ETC最小サイズのアンテナ部やスリムなインジケーターは、バイクのシルエットを壊さず、目立たない取り付けが可能。緑/赤の2色インジケーターにより、ETC走行の使用可否だけでなく、ゲート通過時の異常も分かり易く通知する。

価格は1万9980円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV

ピックアップ

Response.TV