JR東日本、マレーシアで新幹線E5系など「運転」

鉄道 企業動向
11月からマレーシア・クアラルンプールのKLモノレールで運行されるJR東日本のラッピング車。E5系とE6系の先頭車側面イラストがモノレールの車体にデザインされる。
11月からマレーシア・クアラルンプールのKLモノレールで運行されるJR東日本のラッピング車。E5系とE6系の先頭車側面イラストがモノレールの車体にデザインされる。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本と同社グループのびゅうトラベルサービスは10月7日、マレーシアとタイで鉄道を活用したプロモーションを初めて展開すると発表した。両国の鉄道車両にJR東日本の新幹線車両などをデザインしたラッピング広告を出す。

マレーシアでは、個人旅行向けの鉄道利用パッケージ商品ブランド「Eastern Japan Tokyo Rail Days」の浸透を目的に、クアラルンプールのKLモノレール1編成を使ったラッピング広告を実施。東北新幹線『はやぶさ』などで運用されているE5系と、秋田新幹線『こまち』のE6系をデザインし、日本の高速鉄道をアピールするという。11月1日から実施するが、12月からはテーマを「東京雪遊び(GALA湯沢)」に変更する予定だ。

タイでも11月1日から2015年2月まで、バンコク高架鉄道「スカイトレイン」(BTS)のスクムウィット線1編成を使ったラッピング広告を実施。訪日旅行者数の伸びが著しい同国で「東京雪遊び(GALA湯沢)」をPRする。

このほか、台湾では山形新幹線のリゾート列車『とれいゆつばさ』を組み込んだ旅行商品を新たに設定した。設定日は11月7~11日の4泊5日で、発売額は大人3万9900台湾ドル(約14万3640円)。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブルーリボン賞に輝いた001系『Laview』。写真は池袋寄り先頭車。
  • 6月13日から通常運行に戻るJR西日本とJR九州の新幹線。写真は九州新幹線。
  • JR東海金子社長からも2027年の開業を危ぶむ発言が出てきたリニア中央新幹線。川勝静岡県知事は国に対しても有識者会議の運営について非難の姿勢を示し始めている。
  • 6両編成4本が増備される『ひのとり』用の80000系。
  • 6月15日に再開する京都鉄道博物館。再開後も、基本的には展示車両を外から見学できるに留まるようだ。
  • 現在の新宿駅構内。
  • 7月19日まで東京メトロの特設ウェブサイト上で発売される「虎ノ門ヒルズ駅開業記念」24時間券。2枚1組で発売額は1200円。5000セット限定で、1人5セットまで購入できる。
  • BRT専用道の起点となる見込みの彦山駅。

ピックアップ