フェラーリ 458 スペチアーレ A 、量産第一号車はおよそ1億円で落札

自動車 ニューモデル 新型車
フェラーリ 458 スペチアーレ A
フェラーリ 458 スペチアーレ A 全 10 枚 拡大写真
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが10月2日、パリモーターショー14で初公開した『458スペチアーレA』。限定499台の同車の量産第一号車が、高値で落札された。

458スペチアーレAは、『458スパイダー』の高性能版。車名の「A」とは、アペルタの略。すでにフェラーリは、クーペボディの『458イタリア』の軽量・高性能バージョンとして、『458スペチアーレ』を発売。今度はオープン版の458スパイダーにも、スペチアーレが設定された。

458スペチアーレA のエンジンは、458スペチアーレと共通。ミッドシップに積まれる直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンは強化。燃焼効率のアップや、ピストンのジオメトリー変更による圧縮比の向上、吸排気系の見直しなどを実施する。

その結果、最大出力は605hp/9000rpmへ、35hp向上。最大トルクは55.1kgm/6000rpmと据え置き。トランスミッションは、7速デュアルクラッチ「F1」。動力性能は0-100km/h加速3.0秒と、クーペ版と変わらない。内外装には、高性能を誇示する専用仕上げが施された。

10月11日、フェラーリは北米進出60周年を記念して、ビバリーヒルズでイベントを開催。そのチャリティオークションのハイライトとして、458スペチアーレAの量産第一号車が出品された。価格はみるみる吊り上り、最終的に90万ドル(約9640万円)で落札されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/10/15/235117.html/article/2014/10/15/235116.html/article/2014/10/16/235118.html