ジェトロと日本政府、クアラルンプールで新幹線の展示会…11月4日

鉄道 行政
ジェトロと日本政府はマレーシアで新幹線に関する展示会を11月4日に実施。東北新幹線E5系(写真)のシミュレーターなどを公開する。
ジェトロと日本政府はマレーシアで新幹線に関する展示会を11月4日に実施。東北新幹線E5系(写真)のシミュレーターなどを公開する。 全 2 枚 拡大写真
日本貿易振興機構(ジェトロ)は11月4日、マレーシアの首都・クアラルンプールのグランド・ハイヤット・ホテルで、日本の新幹線に関する展示会を開催する。日本政府との共催。

JR東日本の東北新幹線『はやぶさ』などで運用されているE5系のシミュレーターや、北陸新幹線用に開発されたE7系とE5系に関するパネルを公開。マレーシアの高速鉄道(HSR)計画に対するDVDプレゼンテーションも行われる。入場料は無料。

ジェトロによると、日本における新幹線の50年の歴史を説明することでHSRの開発に貢献することと、マレーシア・日本両国の鉄道分野における協力を促進させることを開催の目的としている。

広瀬やよい

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GWまでの運休が決まった東武の『SL大樹』。
  • 現在、大分側の折り返し駅となっている阿蘇駅。
  • 排気扇で車内の空気を排出している『成田エクスプレス』用のE259系。
  • 緊急事態宣言発出が近くなった頃の東京駅東海道新幹線南のりかえ口(2020年4月5日17時ごろ)
  • 緊急事態宣言発出翌朝の品川駅。マスク姿の人々が通常どおり勤務先へ。
  • 東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。5月まで新規の発売が見合せとなる。
  • 山口線の『SL「やまぐち」号』と同様に運行開始が見通せなくなった『SL北びわこ号』。
  • 釧網本線北部の北浜付近を走るキハ54.2015年3月。

ピックアップ