日産 ムラーノ 新型、米国工場で生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
新型日産ムラーノの生産を開始した米国ミシシッピ州キャントン工場
新型日産ムラーノの生産を開始した米国ミシシッピ州キャントン工場 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は11月7日、米国ミシシッピ州キャントン工場において、新型『ムラーノ』の生産を開始した。

ムラーノは、日産の最上級クロスオーバー車。2014年4月、ニューヨークモーターショー14で発表された新型は3世代目モデルで、ミッドサイズクロスオーバー車のセグメントにおいて、新たな基準を打ち立てることを目指して開発。斬新なデザイン、プレミアムなインテリア、先進のテクノロジーなどを重視している。

日産の最新デザイン言語も導入し、「V-モーション」と呼ばれるフロントマスク、ブーメラン状のヘッドライト、フローティングルーフなどを採用。インテリアは、ラウンジ感覚の提供がテーマ。インパネの高さを抑え、センターコンソールをワイド化。大型のパノラミックルーフが用意され、頭上空間に開放感をもたらす。

搭載エンジンは、3.5リットルV型6気筒ガソリンで、最大出力260ps。トランスミッションは、CVTの「エクストロニック」を組み合わせた。駆動方式は、FFと4WDを設定。日産によると、燃費は先代比で約20%向上しているという。

11月7日、米国ミシシッピ州キャントン工場では、新型ムラーノの量産第一号車がラインオフ。新型は、歴代ムラーノとしては初めて、米国で現地生産。キャントン工場は新型ムラーノの世界唯一の生産拠点となり、世界100以上の市場に出荷される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 ムラーノ(北米仕様)
  • 日産・エルグランド(2014年)
  • 日産ムラーノの2019年モデル
  • 日産 ムラーノ 2019年モデル(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV