【トヨタ MIRAI 発表】燃料電池車として初の型式指定取得…大量生産、輸出も可能に

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ MIRAI(ミライ)
トヨタ MIRAI(ミライ) 全 7 枚 拡大写真
国土交通省は11月18日、トヨタ自動車の新型燃料電池自動車『MIRAI(ミライ)』が道路運送車両法の第75条に基づく型式指定を取得したと発表した。これによって、型式指定された燃料電池自動車の大量生産が可能となる。

国土交通省では2005年3月、世界に先駆けて燃料電池自動車など圧縮水素を燃料とする自動車の安全基準を策定するなど、燃料電池自動車の普及のため環境整備を進めてきた。

また、国際的にも日本の基準をベースとした燃料電池自動車の国際基準策定を目指し、国連欧州経済委員会(UN/ECE)自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において、燃料電池自動車の世界統一技術基準(GTR)策定に関する議論を主導してきた。

2013年6月に日本の基準を相当程度盛り込んだ燃料電池自動車の世界統一基準(GTR13)が策定され、国産燃料電池自動車について、仕様を大きく変えることなく輸出することが可能となった。今回のミライの型式指定取得は、GTR13策定後初の事例となる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ