【ミラノショー14】伊CRP、市販電動バイクの新バージョン「エネルジカEVA」発表

モーターサイクル エンタメ・イベント
CRP エネルジカEVA(ミラノショー14)
CRP エネルジカEVA(ミラノショー14) 全 6 枚 拡大写真
イタリアの自動車用部品メーカー、CRPはイタリア・ミラノで開催された国際モーターサイクルショー「EICMA 2014」、において、昨年発表の電動スーパースポーツ『エネルジカEGO』に続く新バージョンの電動バイク『エネルジカEVA』を発表した。

CRP(Cevolini Rapid Rrototyping)社は、イタリアのエミリア・ロマーニュ州モデナ近郊の自動車関連産業の集積地帯「モーターヴァレー」に位置する。その地域にはフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティなど、イタリアを代表する高級車ブランドが軒を連ねている。

CRPはこれまで、フェラーリなどのF1カー用パーツ製作やMoto2、Moto3マシンの製作などで実績を残し、さらにF1のハイブリット技術でその分野の技術を蓄え、電動バイクのレースである「TTXGP」にも参戦してきた企業である。

同社は、昨年のEICMAでも2015年の市販化を前提に開発したスーパースポーツのエネルジカEGOを出展したが、今年はそのストリートファイター版となるエネルジカEVAを発表。カンファレンスでは、リヴィア・チェボリーニCEOが、プロジェクトの進行状況やEVAについてのスピーチを行なった。

詳細は発表されなかったが、基本はEGOに準じており、EGOでは4900rpmから上限の10500rpmに掛けて最高出力100KW(136ps)を発生し、極低回転域から195Nmというリッタースポーツの2倍に近い最大トルクを発揮する。フル充電での航続距離は、平均速度60km/hで190km、平均80km/hだと150km、サーキット走行をしても50km走れるということである。

昨年の発表前にCRP社を訪問し、試乗したEGOのプロトタイプは、スタートするやリッタースポーツの1速でのフル加速に相当するパワーを発揮するエキサイティングさで、このEVAにもファイターらしいキャラクターが期待できる。

《和歌山 利宏》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV