防衛省、滞空型無人機に「グローバルホーク」を選定

航空 行政
防衛省、常続監視体制を強化するため滞空無人機を導入
防衛省、常続監視体制を強化するため滞空無人機を導入 全 1 枚 拡大写真
防衛省は、2015年度概算要求に計上している滞空型無人機の機種について、米国政府が提案しているノースロップグラマンの『グローバルホーク』を選定したと発表した。

同省では、滞空型無人機として必要な要求事項を全て満たす機種は、グローバルホークのみだったとしている。

滞在型無人機の選定では、ノースロップグラマンのグローバルホークとジェネラルアトミックの『ガーディアンER』の2機種を米国政府が提案していた。

防衛省では、2015年度概算要求で、広域での常続監視能力の強化のため、滞空型無人機を取得する計画を掲げている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市川パーキングエリア(イメージ)
  • SUPER GT 最終戦、F-2戦闘機の歓迎フライト
  • F2-B戦闘機
  • 防衛省の浄水車
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ