メルセデス 世界販売、10.6%増の16万台…Cクラス が53%増 11月

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型メルセデスベンツ Cクラス
新型メルセデスベンツ Cクラス 全 7 枚 拡大写真
ドイツ自動車大手のダイムラーは12月5日、メルセデスベンツ乗用車(スマートを含む)の11月世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は、11月としては過去最高の15万8203台。前年同月比は10.6%増と、21か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、メルセデスベンツが15万0742台を販売。前年同月比は13%増と、21か月連続の前年超え。スマートは7461台にとどまり、前年同月比は21.8%減。3か月連続で前年実績を下回る。

市場別では、欧州が6万1060台を販売。前年同月比は13.6%増と、11か月連続のプラス。このうち、地元ドイツは9.2%増の2万3373台と、3か月連続で前年実績を上回る。中国(香港を含む)は、2万6184台。前年同月比は23.1%増で、21か月連続で前年実績を上回った。

また、米国は3万4578台を販売し、前年同月比は0.6%増と、2か月ぶりの前年実績超え。日本は5336台を売り上げ、前年同月比は23.2%増と、5か月連続で増加。

メルセデスベンツブランドの11月実績では、新型『Aクラス』が、『Bクラス』、『CLAクラス』、『GLAクラス』と合計で、4万2413台を販売。前年同月に対して、27.1%もの伸びを示す。新型『Cクラス』も11月、53.3%増の3万8095台と、好調な立ち上がりが続く。

大幅改良モデルを投入した『Eクラス』は1‐11月で23万5485台を売り上げ、前年同期比は9.7%増。新型『Sクラス』も1‐11月、9万3307台を販売し、前年同期比は88.6%増と、大きく伸びる。

『Mクラス』や『GLKクラス』などのSUVは1‐11月、合計で過去最高の30万9158台を販売。前年同期比は5.1%増だった。

メルセデスベンツ乗用車の2014年1‐11月世界販売は、前年同期比10.7%増の156万6341台。ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車部門の営業担当、オーラ・ケレニウス取締役は、「11月は大変成功した1か月。11月末時点で2013年年間の販売台数を上回り、2014年の販売新記録が確定した」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市街地の自動運転で車両とインフラを連携させるボッシュの「MEC-View」研究プロジェクト
  • メルセデスベンツのユーザー向けアプリ「Mercedes me Apps」の最新バージョン
  • F1イギリスGP
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ