オランダのスパイカー、破産を正式発表…電動飛行機メーカーに転身へ | レスポンス(Response.jp)

オランダのスパイカー、破産を正式発表…電動飛行機メーカーに転身へ

自動車 ビジネス 企業動向
スパイカーC8エルロンスパイダー
スパイカーC8エルロンスパイダー 全 1 枚 拡大写真
オランダに本拠を置く高級スポーツカーメーカー、スパイカーは12月18日、破産を正式に発表した。

同社は12月2日、オランダの地方裁判所に、破産法の適用を申請。これが裁判所に認められたことから12月18日、破産を正式に発表している。

スパイカーのビクター・ミューラーCEOは、「15年前、スパイカーを設立した時、野心はなかった。そして2000年、スーパーカー事業に参入し、成功を収めた」とコメント。

スパイカーの今後だが、自動車事業からは完全に撤退。電動化技術に着目し、高性能な電動小型飛行機のメーカーへと、転身を図る方針。

同社のビクター・ミューラーCEOは、「今回の破産は終わりではなく、新たなスパイカーの始まり」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ