トヨタ MIRAI に愛知製鋼の高圧水素ステンレス鋼

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ MIRAI(ミライ)
トヨタ MIRAI(ミライ) 全 2 枚 拡大写真
愛知製鋼は、トヨタ自動車が販売開始した燃料電池車『MIRAI(ミライ)』の高圧水素系部品に高圧水素用ステンレス鋼「AUS316L-H2」の供給を開始したと発表した。

MIRAIに採用された材料は、昨年11月に発表したAUS316L-H2に冷間加工を施すことで高強度化した鋼材で、高圧水素系の部品数種類に適用されている。

鋼種は、JIS規格の「SUS316」「SUS316L」相当鋼で、独自の成分設計によって高圧水素ガス環境で高い延性を示すことを実現、燃料電池車、水素ステーションにおける高圧水素用部品に貢献する。

AUS316L-H2は、既に水素ステーションの複数の高圧水素用機器メーカーに採用されている。愛知製鋼では今回、トヨタ自動車の燃料電池車MIRAIに、高強度仕様が採用されたことで、供給体制を強化していく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV