マツダ、メキシコ新工場の累計生産台数10万台を達成…操業開始から11か月

自動車 ビジネス 企業動向
MMVOで開催された累計生産10万台達成記念式典
MMVOで開催された累計生産10万台達成記念式典 全 2 枚 拡大写真
マツダは、メキシコの新工場「Mazda de Mexico Vehicle Operation」(MMVO)での累計生産台数が操業開始以来11か月で10万台を達成したと発表した。10万台目の車両は、欧州向け『Mazda2(日本名:デミオ)』だった。

MMVOは、2011年9月に住友商事と合弁で設立したメキシコの生産拠点。2014年1月より稼働を開始し、同年10月からはMazda2の量産を開始。稼働開始から約11か月で10万台を達成した。マツダは、2016年3月期までに年間生産能力を25万台に増強することを発表している。

MMVOで開催された記念式典でMMVOの江川恵司社長兼CEOは、「累計生産台数10万台を達成することができて大変うれしく思う。この達成は、MMVOがマツダにおける重要なグローバル生産拠点の一つとして、さらなる成長を実現するための通過点だ。今後も、高品質なマツダ車を世界各地の顧客に提供することを約束する」とコメントした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オートザム・クレフ(1992年)
  • マツダ MX-30
  • マツダ キャロル
  • ブリヂストンTURANZA T005A
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV