ジャガー XJ、米国でリコール…ブレーキ液が漏れる可能性

自動車 ビジネス 海外マーケット
ジャガー・XJ
ジャガー・XJ 全 1 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズの最上級サルーン、『XJ』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ジャガーカーズの米国法人、ジャガー・ランドローバー・ノースアメリカから、ジャガーXJに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

ジャガーXJのリコールは、ブレーキ系統の不具合が原因。NHTSAによると、ジャガーXJのブレーキフルードが漏れる可能性があり、その場合、制動力が弱まり、事故のリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2014-2015年モデルのXJ。2014年2月上旬から2014年7月下旬にかけて生産され、米国で販売された1571台が該当する。

ジャガー・ランドローバー・ノースアメリカでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で2015年1月から、リコール作業を行う予定としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行ジャガー XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • ジャガーXJの50周年を記念し企画されたドライブツアー“Jaguar XJ Historic Convoy to Paris”に参加した
  • ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/12/29/240631.html/article/2014/12/29/240630.html/article/2014/12/29/240632.html