【ダカール15】25年ぶりに参戦のプジョー「成績には満足しないが、多くのものを学んだ」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
チーム・プジョー・トタル
チーム・プジョー・トタル 全 2 枚 拡大写真
プジョーは、2015年ダカールラリーへ25年ぶりに参戦し、14日間9112Kmにわたるすべてのステージを走り終えた。

チーム・プジョー・トタルはプジョー『2008 DKR』3台でエントリーをし、うち2台が完走。ペテランセル/コトレ組は11位、デプレ/ピカー組は34位だった。

プジョー・スポール・ディレクターのブルーノ・ファマン氏は「最終成績には満足していないが、私たちは今回のダカールから多くのものを得ることができた。今年の最大の目的は、まず経験を積むこと。3台のうち2台は、大きなトラブルなくフィニッシュできた。ドライバーやメカニックは素晴らしい仕事をしてくれたし、私たちは全てのコースで技術、スポーツ性、輸送に関し多くのことを学んだ。これらを踏まえ、これからの方針を決定する。私たちの2016年ダカールラリ-は既にスタートしている」とコメントした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ハイラックス 改良新型のプロトタイプとフェルナンド・アロンソ選手
  • 注目を集めたアロンソ(右)とコマ(左)のコンビは四輪総合13位で完走。
  • 四輪総合優勝を飾ったサインツ(中央。ひとり挟み、向かって左がコ・ドライバーのL.クルス)。
  • トヨタGAZOOレーシングの#310 アロンソ(写真はステージ7)。
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ