マクラーレン の「スーパーシリーズ」、累計生産5000台… 4年で達成

自動車 ビジネス 企業動向
累計生産5000台を達成したマクラーレンオートモーティブのスーパーシリーズ
累計生産5000台を達成したマクラーレンオートモーティブのスーパーシリーズ 全 1 枚 拡大写真
英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは2月2日、「スーパーシリーズ」の累計生産台数が5000台に到達した、と発表した。

スーパーシリーズは、マクラーレンオートモーティブの主力スーパーカーに与えられた呼称。2011年の『12C』を皮切りに、『650S』、アジア専用車の『625C』と、車種ラインナップを拡大してきた。

2月2日、英国のマクラーレンオートモーティブの本社工場から、スーパーシリーズの累計生産5000台目となる650Sがラインオフ。イエローボディの1台は、オーストラリアの顧客に向けて出荷された。

なお、累計生産5000台は、2011年初頭の12Cの生産開始から、およそ4年で達成した記録となる。

マクラーレンオートモーティブのマイク・フレウィットCEOは、「スーパーシリーズの最新作、『675LT』が次なる生産のマイルストーンになると期待している」とコメントした。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マクラーレン・スピードテール(ジャパンプレミア)
  • マクラーレン 620R の Rパック
  • マクラーレン 新型ハイブリッド開発車両(スクープ写真)
  • マクラーレン・セナ
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ