JFE商事、メキシコで自動車向け引抜鋼管を合弁で生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
メキシコシティ(資料画像)
メキシコシティ(資料画像) 全 1 枚 拡大写真
JFE商事とサンキンは、メキシコの鋼管メーカー・PRODUCTOS LAMINADOS DE MONTERREYと、メキシコで自動車向け引抜鋼管を合弁で製造する新会社の設立を検討することで基本合意した。

メキシコは、米国との自由貿易協定や安価な労働力を背景に、欧米や日系の自動車メーカー、サプライヤーが数多く進出している。自動車部品メーカーで現地調達化のニーズが高まっており、より高級な引抜鋼管の需要が増大している。

3社は、これらのニーズを把握し、現地で引抜鋼管を製造・販売することで、日系や外資系の自動車、自動車部品メーカー向けの需要を捕捉する。

3社は今後、合弁契約書を締結して、Prolamsaの主力工場のあるメキシコ・モンテレイ市近郊に、4月にも合弁会社を設立する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 天然黒鉛負極材(参考画像)
  • 開発中の超急速充電器 Super RAPIDAS-SR(イメージ)
  • 最適化の適用部位(フロントダッシュサイド)
  • 新開発したドア構造を用いた試作品
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ