ジャガー XK、米国でリコール…駐車灯が消える不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
ジャガー・XK
ジャガー・XK 全 1 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズの最上級クーペ&コンバーチブル、『XK』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ジャガーカーズの米国法人、ジャガー・ランドローバー・ノースアメリカから、ジャガーXKに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

ジャガーXKのリコールは、駐車灯の不具合が原因。NHTSAによると、ジャガーXKのボディサイドに装着される駐車灯は、およそ5分間の点灯の後、勝手に消える可能性があるという。この不具合は、米国の安全基準に抵触。他車からの視認性が悪化し、追突事故のリスクが高まる。

対象となるのは、2012-2015年モデルのジャガーXK。2011年3月上旬から2014年3月下旬にかけて生産され、米国で販売された4787台が該当する。

ジャガー・ランドローバー・ノースアメリカでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で3月中旬から、駐車灯の制御ソフトウェアを改修するリコール作業を行う。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  2. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  5. スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 一部仕様変更…オートライトシステム標準化など
  6. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  7. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  8. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  9. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
  10. ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定
ランキングをもっと見る