三井物産、自動車部品などの北米物流サービス会社を売却

自動車 ビジネス 企業動向
ペンスキートラックリーシング
ペンスキートラックリーシング 全 1 枚 拡大写真
三井物産は3月24日、自動車部品などの物流サービス会社「北米トランスフレイト」を北米ペンスキーロジスティクス社へ売却すると発表した。

ペンスキーロジスティクス社は、在米トラックリース・レンタル・ロジスティクス事業会社 ペンスキートラックリーシングのロジスティクス部門子会社。北米を中心に世界中で、自動車用部品等の工業製品、日用品、医薬品、リテール資材に関わる物流サービス、サプライチェーンサービスを展開している。

三井物産はペンスキーグループとのパートナー関係を構築しており、3月18日には、ペンスキートラックリーシングのリミテッドパートナー持分20%を取得している。

ペンスキーロジスティクス社は今回の事業統合で両社の強みを生かし、顧客へより多岐に渡る物流ソリューションと高付加価値のサービスを提供することが可能となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 専用充電ステーション
  • 三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
  • 日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長
  • (イメージ)
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/03/24/247318.html/article/2015/03/24/247317.html/article/2015/03/24/247319.html