【日産 エクストレイル ハイブリッド 発表】HVシステム搭載は初期から計画…懐の広さがウリ

自動車 ニューモデル 新型車
日産 エクストレイル ハイブリッド
日産 エクストレイル ハイブリッド 全 8 枚 拡大写真
日産『エクストレイル ハイブリッド』のハイブリッドシステムは、新たに設計されているものの、エクストレイルのシャシー自体に大きな変化はない。実は現行型のエクストレイルの開発当初から、ハイブリッドは計画されていたという。

「ハイブリッド車を作るには、モーターとバッテリーをつなぐ配線の安全な配置と、バッテリー自体の搭載位置が問題になる。詳細が決まっていたわけではないが、これらの事柄は、開発の初期段階で考えられていた」と話すのは、開発主査の東倉伸介氏。「シャシー自体も、一定の範囲のエンジンが乗せられるように設計されている」と話す。

事実、北米向けエクストレイル(北米名:『ローグ』)には2.5リットルのガソリンエンジン、ヨーロッパ向けにはディーゼルエンジンが設定され、販売されている。しかも、ヨーロッパには向けには、6MT仕様もラインアップされ、汎用性の高い車体であることが伺える。

「通常であれば、スポーティモデルをラグジュアリーに、ラグジュアリーモデルをスポーティなカタチにすると無理が出るが、エクストレイルはそれが可能。非常に懐が広いモデルだ」(東倉氏)

《阿部哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV