線路への転落事故防止に活用できる3D距離画像センサ…日本信号

鉄道 テクノロジー
3D距離画像センサ「アンフィニソレイユ」の展示。「ECO SCAN」を搭載したことで外乱光の影響を受けず屋外でも使用可能。太陽光下でも測距可能だ
3D距離画像センサ「アンフィニソレイユ」の展示。「ECO SCAN」を搭載したことで外乱光の影響を受けず屋外でも使用可能。太陽光下でも測距可能だ 全 2 枚 拡大写真
 日本信号は、東京ビッグサイトで8日~10日に開催された「Phontonix2015」にて、電磁駆動方式のMEMS光スキャナ「ECO SCAN」を搭載した3D距離画像センサ「アンフィニソレイユ」などの展示を行った。

 MEMSとは、Micro Electro Mechanical Systemsの略で、電気と機械を融合した超小型システムのこと。軽量化により高速動作・静粛性・低消費電力を実現し、耐久性にも優れているため、さまざまな分野に応用可能だという。

 「アンフィニソレイユ」は、近赤外パルスレーザーを使用したアクティブ方式の3D距離画像センサ。昼夜を問わず使用可能で、レーザ送受信の光学系に「ECO SCAN」を搭載することで対外乱光200,000ルクス以上を実現。太陽光下でも測距可能だ。またレーザー光は、いかなる条件下でも本質的に安全なレベルとされる「クラス1」で、安全性も確保している。

 3D距離画像センサは、距離データを使うことで複雑な処理でも比較的簡単なアルゴリズムでシステムが構築できるため、歩行者検知や混雑検知、人数カウントなど様々な導入事例があり、同社のシステムは山手線ホームの転落検知・支障物検知などにも採用されているという。

線路への転落事故防止に活用できる3D距離画像センサ……日本信号

《小菅@RBB TODAY》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 利用者に寄り添う設備と安全・安定性などが評価された東京メトロ17000系。営業運転に入る前の受賞となった。
  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
Response.TV