【上海モーターショー15】開幕直前、準備すすむ新会場…ベールに包まれた展示車

自動車 ニューモデル モーターショー
上海モーターショー15 開幕直前
上海モーターショー15 開幕直前 全 14 枚 拡大写真
4月20日より、中国で上海モーターショー15が開催される。16回目を迎える今回は、場所を虹橋空港近くに新設された国家会展中心(National Exhabition and Convention Center)へ移し、29日までの日程で行う。

開幕を翌日に控えた会場内は、ブース設営の仕上げや車両の搬入に追われていた。多くのブースはボードや幕で覆われており、中の様子が見えないようになっている。

事前の情報によれば、ホンダは中国市場向けの新型SUVコンセプトモデルを、マクラーレンは『540C』をワールドプレミアする予定。その他、メルセデスベンツは『コンセプト GLCクーペ』、レクサスが改良新型『ES』、シトロエンがPHVのSUVコンセプトを公開すると見られる。

初日2日間はメディア向けのプレスデー。明日は午前9時より欧米や日本、地元中国など、世界中から集まった各メーカーのプレスカンファレンスがスタートする。

《吉田 瑶子》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ