【上海モーターショー15】レクサス、直噴ターボ搭載の RX200t を発表

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス RX200t
レクサス RX200t 全 7 枚 拡大写真
レクサスは、20日に開幕した「上海モーターショー」で、新型クロスオーバー『RX』の2リットル直噴ターボエンジン搭載モデル「RX200t」を発表した。

レクサスは4月のニューヨークモーターショーで4代目となる新型RXを初公開。3.5リットルV6エンジンの「RX350」と、3.5リットルV6エンジンに高トルクモーター内蔵トランスミッションを組み合わせたハイブリッドモデル「RX450h」を発表した。

今回初公開したRX200tは、直列4気筒DOHCインタークーラー付き直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したデュアルVVT-iWを組み合わせ、最高出力170kW以上を目指す。

エンジンと6速ATを組み合わせたパワートレーンは、低速域から高速域まで滑らかで力強い加速を実現するとともに、燃費・環境性能を両立。また、予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム +」を採用し、高い安全性能を追求している。

なお、新型RX200tの日本での発売は、2015年秋以降を予定。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ