マグナ、自動車の内装事業を売却へ

自動車 ビジネス 企業動向
マグナの自動車内装事業が手がけたキャデラックの内装
マグナの自動車内装事業が手がけたキャデラックの内装 全 2 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル(以下、マグナ)は4月16日、自動車の内装事業を売却することで合意した、と発表した。

マグナの自動車内装事業の売却先は、Grupo Antolin社。同社は、自動車の内装のグローバルサプライヤーの主導的地位にある企業。

両社の合意によると、マグナはGrupo Antolin社に、およそ5億2500万ドル(約625億円)で、自動車内装事業を売却する予定。売却の完了は、2015年第3四半期(7-9月)を見込む。

マグナの自動車内装事業は、欧州、北米、アジアに36の製造拠点を持ち、従業員の総数はおよそ1万2000名。なお、今回の売却には、業績が好調なマグナの自動車シート部門は含まれない。

マグナのドン・ウォーカーCEOは、「今回の売却は、中核事業に集中する戦略の一環」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW Z4 新型の開発プロトタイプ
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/04/23/249603.html/article/2015/04/23/249602.html/article/2015/04/23/249604.html