ヒュンダイ、RM15 発表…ミッドシップレーサーが進化

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイ RM15
ヒュンダイ RM15 全 3 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は4月上旬、韓国で開催されたソウルモーターショー15において、コンセプトカーの『RM15』を初公開した。

ヒュンダイは2014年5月、韓国で開催された釜山モーターショー14で、コンセプトカーの『ベロスター・ミッドシップ』を発表。同車は、ヒュンダイの小型スポーツクーペ、『ベロスター』をベースに開発されたコンセプトカー。WRC(世界ラリー選手権)参戦マシン、『i20 WRC』の開発も手がけたヒュンダイのハイパフォーマンス部門が、ベロスターの高性能モデルを提案する。

そのハイライトは、車名の通り、ミッドシップレイアウトへの変更。ベロスターの市販車は、FF駆動が基本。ヒュンダイのハイパフォーマンス部門が、これをエンジン・ミッドシップ搭載の後輪駆動車に変身させた。

ミッドシップに搭載されるのは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「GDI」。各部のチューニングにより、最大出力は300psまで引き上げられた。

今回、ソウルモーターショー15で初公開されたRM15は、昨年のベロスター・ミッドシップの進化版。アルミスペースフレーム構造に、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)ボディパネルを組み合わせることで、195kgの軽量化を実現。車両重量を1260kgとした。

また、前後の重量バランスは、43対57に最適化。0-100km/h加速4.7秒のパフォーマンスを達成した。なお、車名のRM15は、「レーシング・ミッドシップ2015」を意味している。

《森脇稔》

【画像】ヒュンダイ、RM15 発表…ミッドシップレーサーが進化(3枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  7. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  8. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
ランキングをもっと見る