ロールスロイス、新型オープンカーの車名は「ドーン」…2016年発売へ

自動車 ニューモデル 新型車
1952年式ロールスロイス・シルヴァードーン
1952年式ロールスロイス・シルヴァードーン 全 3 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ロールスロイス・モーターカーズ(以下、ロールスロイス)。同社から2016年、新型車が発売されることが分かった。

これは5月12日、ロールスロイスが米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催した「2015ロールスロイス世界販売店会議」で明らかにしたもの。世界の130のディーラー関係者が集まる中、ロールスロイスは、「2016年、新型車の『ドーン』(Dawn)を発売する」と発表している。

ドーンは、ロールスロイスの伝統のネーミング。その名前が、初めて使われたのは、1949年のことだった。1950‐1954年には、28台のドロップヘッドボディを生産。その後、1997年には、『シルヴァースピリット』の後継車に、『シルヴァードーン』の名前が冠されている。

なお、現時点では、新生ドーンの詳細は明らかにされていない。2013年春、ジュネーブモーターショー13で発表された最上級クーペ、『レイス』のオープン版(いわゆるドロップヘッドクーペ)に、ドーンの名前が冠されると見られる。

ロールスロイスのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOも、「ドーンは美しい新たなオープントップモデルになる」と明かしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV