トヨタとマツダ、業務提携へ基本合意…環境・先進技術などで協力拡大

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタとマツダ、業務提携へ基本合意(トヨタ豊田章男社長とマツダ小飼雅道社長)
トヨタとマツダ、業務提携へ基本合意(トヨタ豊田章男社長とマツダ小飼雅道社長) 全 10 枚 拡大写真
トヨタ自動車とマツダは13日、「クルマが持つ魅力をさらに高めていく」ことを念頭に、両社の経営資源の活用や、商品・技術の補完など継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印した。

トヨタとマツダはこれまでも、トヨタのハイブリッドシステム技術のライセンス供与や、マツダのメキシコ工場におけるトヨタの小型車生産などで業務提携を行ってきた。

今回、「もっといいクルマづくり」を掲げ構造改革に取り組むトヨタと、「カーライフを通じて人々に人生の輝きを提供する」を掲げるマツダの思いが一致したことから、従来の提携の枠組みを超え「クルマの新たな価値創造」に向けた中長期的な相互協力をおこなっていく。

今後は、両社で組織する検討委員会を立ち上げ、環境技術、先進安全技術などで互いの強みを活かせる具体的な業務提携の内容の合意を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ