【CESアジア 15】キャデラック、2種類のアプリ発表…Apple Watch との連携も

自動車 ニューモデル モーターショー
CESアジア15のキャデラックブース
CESアジア15のキャデラックブース 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは5月25日、中国上海で開幕したCESアジア15において、中国向けのキャデラックに新アプリケーションを導入すると発表した。

2014年、キャデラックは中国で最初に「4G LTE」のテレマティクスサービスを導入。4G LTEは、現時点では最速のデータ通信で、「3G」の10倍の速度で、データのやり取りができる。

この高速データ通信の利用のおかげで、車内のWi-Fiスポットから様々な機器を通じて、インターネット接続がスムーズに行えるようになった。

今回、キャデラックは、CESアジア15において、中国仕様のキャデラックに新アプリケーションの「CarLife app」を導入すると発表。これは、顧客のスマートフォンから得た車両のサービス情報を、車載モニターに反映させられるもの。

さらに、CESアジア15の来場者には、「My Cadillac app」の体験も可能に。これは、スマートフォンおよびApple Watch(アップルウォッチ)を通じて、車両のロックと解錠、遠隔エンジン始動、自分が駐車したスペース検索などのサービスを提供する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV