スバル クロスオーバー7、予防安全性能アセスメントで最高ランク獲得

自動車 テクノロジー 安全
スバル エクシーガ クロスオーバー7
スバル エクシーガ クロスオーバー7 全 2 枚 拡大写真
富士重工業は6月1日、運転支援システム「 EyeSight(アイサイト)」を搭載するスバル『エクシーガ クロスオーバー7』が国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得したと発表した。

2015年度予防安全性能アセスメントは、2014年度の評価対象となっている、自動ブレーキなどの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)と車線逸脱警報装置(LDWS)に加え、バックビューモニタの評価として、後方視界情報提供装置の試験を実施。2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」、12点以上の場合は「先進安全車プラス(ASV+)」として選定される。今回、エクシーガ クロスオーバー7は46点満点中45.9点で、「ASV+」を獲得した。

スバル車は、2014年度に実施された予防安全性能アセスメントで、『レヴォーグ』『WRX S4』(40点)、『フォレスター』(39.9点)、『XVハイブリッド』(39.3点)、『レガシィ アウトバック/B4』(40点)、『インプレッサ/XV』(40点)でも「ASV+」に選定されている。クロスオーバー7の「ASV+」獲得により、アイサイトを搭載するすべての車種が「ASV+」を獲得。アイサイトの予防安全性能の高さが実証された。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV