マツダ RX-8 のリコール、米国にも拡大…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
マツダ RX-8(参考画像)
マツダ RX-8(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
マツダが6月4日、タカタ製エアバッグの不具合により、日本国内で届け出た『RX-8』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国にも拡大した。

今回のリコールは、タカタ製の運転席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合が原因。日本国内でリコールの対象となるRX-8は、2003年2月14日から2008年2月16日に製造された3万2784台だった。

6月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は、マツダの米国法人、北米マツダから、RX-8のリコールの届け出を受けたと公表。日本と同じく、タカタ製の運転席エアバッグのインフレータの不具合を原因としたリコールとなる。

米国でリコールの対象となるのは、RX-8の2004-2008年モデル。北米マツダは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、運転席エアバッグのインフレータを交換するリコール作業を行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本自動車大学校NATSが展示する『RX-STANCE』(東京オートサロン2019)
  • 『カーセンサー』2019年2月号
  • マツダ RX-8 スピリットR
  • マツダRX-8
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/06/08/252902.html/article/2015/06/08/252901.html/article/2015/06/08/252903.html