米トヨタ、136万5000台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
レクサスSC430
レクサスSC430 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は6月16日、タカタ製の助手席エアバッグのインフレータ不具合によるリコール(回収・無償修理)を拡大すると発表した。

今回のリコールは、タカタおよび米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が、タカタのエアバッグインフレータ不具合について、新たな情報を開示したことを受けての対応。

米国市場で追加リコールされるトヨタおよびレクサス車は、2003-2007年モデルの『カローラ』(『マトリクス』を含む)、2005-2006年モデルの『タンドラ』、2005-2007年モデルの『セコイア』、2003-2007年モデルのレクサス『SC430』。

これら4車種、合計およそ136万5000台を追加でリコール。これにより、タカタのエアバッグインフレータ不具合によるトヨタとレクサスの米国でのリコール台数は、およそ291万5000台に拡大する。

北米トヨタのDino Triantafyllosチーフ・クオリティ・オフィサーは、「トヨタは引き続き、顧客の安全を重視していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • レクサス GX の2020年モデル(参考)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ