キャデラック ATS-V、V6 3.6Lツインターボを搭載…最高出力470ps

自動車 ニューモデル 新型車
キャデラック ATS-V セダン(ロサンゼルスモーターショー14)
キャデラック ATS-V セダン(ロサンゼルスモーターショー14) 全 2 枚 拡大写真
ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は6月23日、キャデラックの新型『ATS-V』のパワートレーンの詳細を発表した。

新型ATS-Vは、昨年のロサンゼルスモーターショーで初公開された高性能スポーツセダン。昨秋、日本市場への導入も発表されたが、スペック等の詳細は明らかにされていなかった。

GMジャパンの発表によると、新型ATS-Vは、キャデラックのVシリーズ史上初のV6 3.6リットル ツインターボを搭載。ターボチャージャーは、低慣性チタンアルミナイド製タービンを備え、レスポンスの良いトルクを生み出す。また、低容量チャージ・クーリング・システムにより、ブースト圧を最大化。最高出力は470ps、最大トルクは603N・mに達する。

トランスミッションは、ローンチコントロールとパフォーマンス・アルゴリズム・シフトを搭載するパドルシフト付き8速オートマチックを採用。さらに、高い横Gに対し、最適な油圧と冷却性能を維持できる高性能潤滑システムも装備する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャデラック ATS セダン プレミアム
  • キャデラック ATS-V ベクターブルースペシャル
  • キャデラック ATSセダン/CTS シルバームーンライトエディション
  • キャデラックATSセダン
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV